DETECTIVE WORK

 優秀な探偵の選び方

悪徳探偵社と優秀な探偵社を見分けるためにはどうすればいいのだろう?まず探偵社を選ぶ時、貴方は何を参考基準にしますか?探偵を雇うなど、滅多にないことです。ほとんどの方が初めて選ぶわけですから、自分で判断するほかありません。

細かい料金説明はあるか

50万調査なのに、延長料金と必要経費が必要とされ150万円の請求が来た。
探偵社でのトラブルで最も多いのがこのケースなのだ。
・契約金額に諸費用(車両代金・撮影機材等)が含まれているのか?
・含まれていないなら幾ら必要になるのか?
・無駄な延長はしないのか?
・無断で延長料金が発生しないのか?
細かく聞き、発生するのであれば契約書に明記しておく必要があります。

親身になって聞いてくれないような探偵社は依頼を軽んじているとしか思えません。
広告にある探偵社の所在地に行ってみたら事務所がない。各地に電話番号がいっぱいあって事務所がたくさんありそうだけど、実際は全部転送電話だった、という話はざらにあるのです。
所在地が明らかでないなんて、普通の会社としては考えられないことでしょうが、探偵業界では多く見られます。中には社名と電話番号が違っても、所在地が同じ探偵社もあるのでビックリします。

調査でのリスクを説明するか

どのような調査であれ、人間が行う以上、リスクは必ずあります。
素行調査で調査発覚というのは論外ですが、全ての調査が思い通りに進むということはありません。
・絶対に見つけ出すと強引に調査を勧める。
・絶対に証拠が撮影出来ると言い切る。
・失敗した時の料金の説明がない。
素行調査なら素行調査なりの、行方調査であれば行方調査なりのリスクをきちんと説明するか否か、その際の料金はどうなるのか、
その部分も探偵社を選ぶ基準としましょう。

調査に対しての知識があるか

必要な調査に対し、どのように調査に取り掛かるのかの説明があるのと無いのとはかなりの違いがありあます。例えば・・・

・暗闇での撮影はどのようにしているのか?
・尾行で2輪が使用可能なのか?(機動力の面では必要不可欠)
・行方調査でどのようなことから取り掛かるのか?

その調査会社の実力を知ることが良い調査会社を選ぶ秘訣だと思います。

契約を無理強いする事は決してありません。

契約を無理強いする事は決してありません。
探偵社の人に一度あったら契約するまで帰れないかも・・・
これは、多くの人が不安に思う部分かもしれません。
お客様が調査会社をお探しになっている時、複数の調査会社に見積依頼やご相談をしたいとお考えになるお客様も多いのではないでしょうか?

見せかけの安さに惑わされず総支払額はいくらか?しっかり把握しましょう。
安過ぎる料金表示は、追加請求の可能性がある為注意。
喫茶店やホテルのなど、事務所以外で会いたがる場合は注意が必要です。
現場写真などの証拠を見せてくれるかどうか確認をしましょう。
成功の条件について事前に取り決めておきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

TopBuzz

最終更新日:2018/9/7