DETECTIVE WORK

 探偵を目指す方へ

探偵になるには

探偵という仕事は現在のところ、資格を必要とするわけではありませんので、極論すれば、誰もが「私は探偵です!」と宣言すれば、探偵ということになります。とは言え、それでは技術やノウハウ、ネットワークなどがありませんので、実際のところは、次の2つの方法により探偵になっています。1つが探偵学校を卒業する方法と、もう1つが探偵社や興信所に社員やアルバイトとして入社し、ノウハウを蓄積して独立するという方法です。探偵学校には、フランチャイズによる開業まで支援するコースもありますが、費用としては非常に高いです。いずれの方法でも探偵社や興信所の設立は容易に実現可能です。但し、あくまでも設立がゴールなのではなく、いかに継続していくか、ということが大切です。この点までも考慮すれば現実には非常に厳しい世界ですので、甘い考えはやめましょう。

探偵学校・探偵養成学校

探偵学校を経営している探偵事務所は全国にいくつもあります。そのほとんどが、探偵学校を卒業すれば、開業支援までしてくれます。具体的に探偵学校で何をするのか、と言いますと、大きく2つのパートに分かれます。1つが授業形式の座学、もう1つが模擬調査です。
授業では、尾行や張り込み、聞き込みの基本から各種調査方法の概要、その他探偵に必要な一般の知識までを教えてくれます。模擬調査では、授業で習ったことをもとに受講生が調査員として、実際に張り込みしたり、尾行をしたりします。割り合いとしてはほとんどが座学に時間を割いているのが現状です。期間としては探偵学校により異なりますが、約1ヶ月程度のところが一般的のようです。

探偵の適正診断

あなたの探偵度チェックをしてみましょう。以下の設問の内、当てはまると思うものを選んでください。

選んだ個数が8個以上であれば、探偵向きと言えます。

□ 好奇心が旺盛である
□ 流行ものや最新の情報に敏感である
□ ボランティア活動をしてみたいと思う
□ 何時間でも待ってもあまり苦にならない
□ とっさの状況判断は早い方だ
□ お金よりも人の喜ぶ顔に価値を見出す
□ 車やバイクが好きだ
□ 人から相談されることが多い
□ 体力には自信がある
□ 通信機器などに詳しい方だ

探偵業の将来性

探偵業界の将来性は明るいか、暗いかと考えることがあります。結論としては、明るくはない、と考えています。現状を基準にすれば、少しはよくなるのでしょうが、業界がブレークスルーをおこしたり、抜本的な変化があるとは想像していません。少しはよくなる、という表現について、現在の悪徳探偵が何らかのペナルティを課せられ、少しずつ排除されていく仕組みができる、と思うからです。他方で、探偵という職業が資格制になる、との報道が一部にありますが、この件についてもきっと資格制にはならないと考えています。理由としては、探偵という職業に世間が社会的地位をそれほど見出さないと思うからです。悪徳探偵が少しずつ減っていく、という意味で業界として少しはよくなりますが、それでも将来性として明るいと言えるまでも変化はないと考えています。

2014/10/10 更新